//

塾長挨拶

守屋塾とアートの関係

壁、棚、窓辺など守屋塾の至る所に飾られた守屋塾塾長の単なるコレクションにも見える様々なアート作品は、実は大きな役割を持っています。

成績向上を目指し、また、志望校合格のために日々通い続ける生徒たちが結果を出せるよう、環境心理学の観点から学習空間にアート作品を置いているのです。

高い合格率を誇る守屋塾は環境心理学を取り入れおり、この空間が集中力と記憶の定着を促しています。

守屋塾の自習室に設置されたパーテーションは、音響を和らげ、個の空間を保つ効果を発揮しており、随所に施された独特で印象的なアート作品は、条件反射的に生徒たちの気持ちを学習モードに切り替える作用をもたらします。

講師からの直接指導により、生徒たちは「わからない」ことに気づき、最終的には「もうできる」に変わっていきます。もちろん成績も上がりますから、成功体験の記憶が残ることになります。その成功体験の記憶や感情は、独特で印象的なアート作品が引き金となり、無意識的にその感覚を思い出し、また次もできると前向きになれるのです。

感情と記憶の心理学については多くの文献が発表されており、また、深遠な分野でもあります。守屋塾のアート作品は、高い合格率を維持する「からくり」の一つになっています。

塾内設置アート作品紹介

アート写真をクリックすると詳細情報が表示されます。

kusaka Reishi

日比野勝彦

椎野美佐子 榎本晋 清水陽子 不明 村瀬由香子

村瀬由香子

山崎エリナ

江上真織 前芝良樹

Sarah Fujiwara 不明

日比野勝彦

ラファエル・ナバス 日比野勝彦

不明 松山美恵

梶千春

テラオハルミ

kusaka Reishi

カトラン

日比野勝彦

日比野勝彦

アート